ラコステ【ポロシャツ】ドットコム

ラコステ(LACOSTE)ポロシャツの歴史

ラコステ(LACOSTE)ポロシャツは、フランスのアパレル企業で有名なファッションブランドの一つです。1933年、テニスプレイヤーのルネ・ラコステが創業したことは良く知られていると思います。ラコステはその当時フランスで最大のニット製造会社のオーナー社長をしていたアンドレ・ジリエと共に、あのワニのロゴが刺繍されたポロシャツを製造する会社を設立しました。ブランドのトレードマークとなっているポロシャツに刺繍されたワニの由来は、ルネ・ラコステの粘り強いテニスプレイスタイルからついたニックネームからきています。
ラコステの中では特に「ポロシャツ」が有名です。ポロシャツは、今でも変わらぬ品質、心地よさ、丈夫さが売りになっています。フランス製のポロシャツは他の国とはこだわりが違います。やや細身で着丈が長くシルエットが美しいことから、「フレンチ・ラコステ」とも呼ばれていて、しっかりとしたブランドを確立しているといえますね。

ルネ・ラコステとポロシャツの関係

ルネ・ラコステ(Rene Lacoste)、フルネームでいうと「ジャン・ルネ・ラコステ(Jean Rene Lacoste:1904年7月2日-1996年10月12日)」といいます。彼は、フランスはパリの出身で男子テニスのプレヤーでした。そして、ポロシャツに刺繍されている「ワニ」のマークで有名な「ラコステ・ポロシャツ」の創設者でもあるんです。
彼の粘り強いテニスプレーから名付けられた「ワニ」(the Alligatまたは Crocodile) にちなんで、友人が描いたワニの絵が今のラコステのトレードマークとなっているんです。また、娘のカテリーヌ・ラコステはプロゴルファーを目指し、その結果1967年の全米女子オープンゴルフで優勝しています。
ポロシャツ(Polo shirt)を簡単に説明すると、衿付き半袖のシャツで、衿には2、3個のボタンで留める形になっていて、頭からスッポリと被るようにして着るのが特徴になっています。そして、ポロシャツの素材は綿100パーセント以外にも麻や化学繊維が混紡されているものもがあります。さらに、ポロシャツは比較的に丈夫で吸汗性に優れているのが機能的な特徴になっていて、それがスポーツ界で愛用者が多い要因になっています。ポロシャツの代表的なブランドには、ラコステをはじめ、ポロ・ラルフ・ローレン、フレッドペリーがあります。

ポロシャツ(Polo shirt)のルーツ

ポロシャツ(Polo shirt)は、おもにポロ競技を行う時に使用されていたシャツでした。ところが、ラコステの影響からテニスの試合で着用するプレイヤーが増えてきて、一般の人にも普及して行ったと言うことです。なので、その他の国々ではポロシャツのことを「テニスシャツ(Tennis shirt)」とも呼んでいます。今では色やデザインもかなり豊富に揃っていて、手頃なカジュアル・アイテムとしてポロシャツは定番のファッションとなっています。また、ポロシャツの上からブレザーなどを組み合わせて着ることも、ファッションの一つになっていますね。
ラコステのポロシャツが定番ファッションとなった後は、ニットの衣料品製造会社を経営していたアンドレ・ジリエと協力して、テニスだけでなくゴルフやセーリングなどいろいろなスポーツにも使えるポロシャツのデザインを手がけていきます。ラコステ夫人が「全英女子ゴルフ選手権」の優勝者でもありましたので、ゴルフウェアも彼のライフワークになっていました。